Office BARON
ペットのことから気になる事、とりあえずいろんな事書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリングバック
Xactiの場合は、ポケットに入れて持ち運べたけど、DVカメラの場合はそうはいかねえ。
かといって、付属のストラップで肩から吊るして歩くなんてこともナンセンスだと思う。
首から吊るすのも同じこと。
ということで、キャリングバックの話でゴワス。

GR-DF590には、純正のキャリングバックと、女性用にと考えられた?トートバックの二種類がある。
トートバックの方は、我輩は男であるからして無用、キャリングバックの購入を検討していた。
けど、ちょっと高いんじゃねえの?と思ったので、ネットなどで使えそうな代物を物色したのだが、如何せん、テキトーなものが見つからなかった。

ところが・・・なんと100円SHOPのダイソーにて良いものを発見!
写真は別の日に掲載するとして、これが良いのなんのって、予備のテープ入れ、予備のバッテリー入れ、各種コード類を入れるポケットなどがいくつも付いていて、使い易いったりゃありゃしない。
値段はというと、800円くらいだったかな?うん、それくらいだったハズ。
カメラ本体の横幅にもピッタシ!前後左右、底面などには、ちゃんと衝撃吸収スポンジのようなものも組み込まれている。
かなりお買い得でした。

なんかデジタルビデオカメラ用のカバンじゃないみたいだけど、明らかにソレを意識した作りになっている。
スゴいぞダイソー!貧乏人の強い味方!(笑)
スポンサーサイト
インタレース解除のサンプル
先日撮影したGR-DF590の映像を切り出してみました。
撮影方法は、フルオートなので、設定は一切いじっていません。

無圧縮、インタレース解除前の画像です。
インタレース解除前

初めてDVカメラからPCへキャプチャしたとき、正直言ってヤベーと思いました。
だって、見ての通り、細かい横縞ばっかしですもんね。
わかりますでしょうか?
木の幹なんかを見ると、輪郭に細い毛のような縞が無数に見えるでしょう?
これがインタレース縞と呼ばれているものです。
PCにキャプチャしたばかりの段階では、必ず映像全体にこの縞模様がかかっております。

次にインタレース解除後(デインタレース)の画像です。
綺麗に横縞が消えているのがおわかりでしょうか?
インタレース解除後

こんな感じになります。
ちなみに、デインタレースをすると、映像が少しだけボヤけた感じに見えてしまうらしいのですが、とくに気にすることもない程度です。

あ、このサンプル画像ですけど、横にパン撮影していた映像の一部を切り出したものなので、ハッキリ言ってキタナイです。(笑)

天気のほうも曇っていて、すげー暗かった。
GR-DF590自体は、かなり良いモノが撮影出来るので、このサンプル画像でカメラ自体の良し悪しは決めないでくださいね。
予備バッテリー到着!
ROWAに注文していたGR-DF590の互換バッテリー、BN-VF733-Tが本日到着!
純正のわずか5分の1のお値段という、お手ごろ価格!
しかぁ~しっ!性能は同じで、問題なく使える・・・と思う。

着いて早々、GR-DF590に装着し、バッテリー容量を確認してみる。
おおっ!フル充電されている上に、実撮影時間が液晶モニター使用で2時間半、ファインダー使用で3時間!
これくらい撮影出来れば十分でしょう。

あ、キャプチャした映像の横縞ですが、フリーソフトのAviUtlで、無事に消すことが出来ました。
けど、キャプチャソフトがWindowsムービーメーカーだったせい?なのか、取り込んだ映像がDV-AVI(Type1)というファイル形式になってしまい、DV-AVI(Type2)への変換をする必要がありましたので、またまたフリーソフトであるCanopus DV File Converterにてコンバート。
ちょっとメンドいけど、現段階では、この一連の作業にて対応しようかと考えておりますです。

手順としては、Windowsムービーメーカーでキャプチャ後、Canopus DV File ConverterにてDV-AVI(Type2)へ変換、そして最後にAviUtlにてデインタレースといった感じです。
これで編集してMPEG2にコンバート、DVDに焼くということも出来るので、映像の扱いはこれでOKなハズ。
本当はもっと奥の深いものなんでしょうけど、今はこれで十分。

ってなことで、おやすみ。(笑)
野外撮影でガクガクッ!?
日曜日に式場の下見してきました。
あと、当日のビデオ撮影は、どれくらいの範囲まで許されるのかも聞いてきました。
式場の方は、思っていたよりも明るかったので、フツーに撮影が出来そうだったのでまず安心。
間接照明ばかりで、薄暗いと思っていただけに良かったッス。

ビデオ撮影の許容範囲はというと、神父さんやら係りの人の邪魔にならなければ、好き勝手に動き回っても良いということなので、当日は着席することなく、ずっと動き回ることになると思う。(笑)
誓いのキスシーンは、GR-DF590のライブスローで撮影しちゃろかな?今から楽しみ♪(笑)

その帰りに甥っ子たちを連れて、交通公園にも行きました。
曇り空で風も強かったけど、桜が満開で、花びらがひらひら~っと、すげー綺麗だった。

さて、この日は、GR-DF590での初の野外撮影となりましたが、家に帰ってTVに接続して見てみたところ、発色なども悪くはなく、貸し出されていた自転車や足こぎカート、モーターカーに乗った甥っ子たちが、綺麗に撮影出来ていたので、大満足に終わりました。
けど、良いことばかりではなく、欠点も見つけてしもーた。

手振れ補正には、光学式と電子式の2種類があって、前者はリアルタイムに補正するのに対し、後者は1/60秒毎にプログラムが補正をするものだそうで、光学式の方が優れているとのこと。

ちなみにGR-DF590の方はというと、電子式手振れ補正となっています。
これがちとクセものでして、この日撮影していたときに、たま~に画面がガクガクッと上下左右に揺れることがあるんです。
ズームを利用して動いている被写体を撮影していると、その現象が頻繁に起きます。
まるで自分がアル中で、両手が激しく痙攣しているのでは?狂牛病の牛の腰を三脚代わりに使って撮影しているのでは?などと勘違いすることはないスけど、とにかく激しくブレることがあるんです。
まあ、値段も安かったし、機能的にも映像の質にも大大大満足しているので、あまり気にならないと言えば気にならないんですけどねぇ。

さてさて、こういった現象は見て見ぬフリをするしかないのか?泣き寝入りするっきゃねーのかというと、そうでもないんでがす。
解決策としては、まずGR-DF590の手振れ補正機能をOFFにして、三脚を使用して撮影すれば、全然OKなんでごぜーます。
慣れちゃえば手振れ補正OFF&素手での撮影も十分可能です。
Xacti DMX-C1使ってたときなんて、ホント、手振れ補正が付いてないもんだから、両脇をピシッと締めて撮影をしておりました。(笑)
それが幸いして、カメラ類を構えるときは、今でも自然と両脇を締めて撮影するようになってしまった。(笑)

なので、電子式手振れ補正によるガクガクッ現象は、こういった工夫で乗り切れます。
三脚はビデオカメラを持っている人だったら、安いものでかまわないので、ひとつは用意しておいた方が、何かと便利ですので、是非とも購入しておきましょう。
素手での撮影の場合は、両脇を締めて、極力カメラを体に密着させる形をとれば、大概は大丈夫かと思います。
CMとかだと片手でカンタン撮影~♪なんて流していますが、両手を使って撮影した方が、安定感が増して綺麗に撮影が出来ると思います。
なので、今から三脚と素手での撮影に慣れ親しんでおきましょう。(笑)
ビデオキャプチャ
DVカメラからビデオキャプチャした映像に、無数の横縞が発生したことだけど、至極当たり前のことのようだ。
インタレース縞というもので、消すことも出来るので、とくに問題が無いということがわかった。

そもそもインタレース縞ってのは何なのか?
自分なりに調べてみたところ、一枚の絵を横のラインが奇数と偶数のものを交互に表示させることにより、一枚絵に見せている・・・らしいんだけど、そういうものなんだそうな。
細切れになった画像を二枚使用して一枚絵にしてるってことなのかな?
もうワケわかんね。

話を戻して・・・。
デインタレース機能が使えるソフトを探していたところ、どうやらAVIUtlというフリーソフトが該当するみたい。
実際にインストールして使ってみたわけではないので、詳しいことは全然チンプンカンプンだけど、よさげなのでとりあえずダウンロードだけはしてみた。

ちなみに、このデインタレース作業を行う場合、あることに注意しなければならない。
その注意することとは、キャプチャした映像に圧縮をかけたり・・・つまり、エンコーダーでMPEG変換作業などを行ったりすると、綺麗にデインタレースが出来なくなるらしい。
キャプチャの段階でも、ソフト側で知らないうちに圧縮をかけられることがあるので、気をつけた方が良いようだ。
映像が新鮮なうちに作業すれってな事なんだろうね。

そーいえば、昨夜、テスト撮影したものをPCに取り込んでみたとき、わずか1分少々の映像が200MB近くになったのには驚いた。
映像が綺麗なだけに容量も半端じゃない。
編集作業をする際にも、今まで以上にマシンパワーが必要になることは必死で、うれしい反面、少し不安でもある。
あとは、編集作業にどれくらい時間が割けるかが問題だ。
保存するにしても、今まで以上にDVD-Rが必要になりそうだけど、DVテープで保存しとくのと、どっちが良いんだろうね。

今日は朝から曇り空。
そろそろ甥っ子たちが遊びに来る時間、天気が良ければ公園なんぞに出向いて撮影したいところだが、注文した予備バッテリーもまだ届いていないし、今回は断念せざる得ないか・・・とかって説明書見てみたら、室内での撮影なら、付属のACアダプタを使用すれば、バッテリー残量を気にしないで撮影出来るって書いてあった。
犬、預かってマス
えーと、犬預かってます。
前にこのブログで書いた抜け毛のないワンちゃんです。
トイ・プードルという犬種、前に比べると明らかに大きくなっています。
トリミングの欠かせない犬らしく、テディーベアカットというものを施していて、ホント、テディーベアってなカンジです。(笑)
なんつーか、座り方なんか見てると、陳列棚の上に置いておけば、10人中10人が、本物のヌイグルミと勘違いしちゃうくらいの座り方をするのです。
なんだか知らないけど、このワンちゃんのエサやり、トイレの掃除、その他諸々、つまるところの世話係を押し付けられてしまっているので、なんだかクタクタなワケです。
けど、夜は一緒に寝ることができるので、嬉しかったりもします。
ビミョォ~~~~なところですハイ。

あ、ヴィーとこのワンちゃんの関係ですが、預かり始めた当初は、お互いに力関係を確かめるような動きをしていました。
互いに一定の距離を保ちつつ、抜き足差し足で近寄り、匂いを嗅ぎあうといった行動をとっておりました。
それから、自分のテリトリー、ワンちゃんの場合、居間にヴィーが侵入しようとすると小走りで追いやる、ヴィーも自分の部屋にワンちゃんが侵入しようとすると、やっぱり同じように駆け足で迫っておいやるのです。
ウサギが犬に追いやられる光景と、犬がウサギに追いやられる光景、見ていて面白いです。(笑)
ウサギは嫌なとき、機嫌が宜しくないときは、後ろ足を床に叩きつけてダンッという音を立てるのですが、それをまったくしないので、機嫌が悪いとかそういったことはないらしく、預かり始めて約2週間経った今では、良いお友達といった関係に発展しているようです。
犬とウサギの共存、大丈夫みたいですね。
世話が大変だけど・・・。
やっちまった・・・。
やっちまった・・・。
ついさっきまでPCをビデオケーブルでTVと繋いでDVD見てたんだけど、そのコードに犬が躓いちゃって、ケーブルの端子がポッキリいっちゃいました。
また買わないとイケナイ・・・。
このォ~~~~~~~犬ッコロめぇ~~~~~~~っっ!!
ビシバシッ!ドカッ!

って言うのは冗談だけど、撮影して編集した映像をビデオテープにダビングしたり出来るんで、重宝してただけに残念無念。
編集した映像を簡単にビデオへダビング出来たりするし、借りてきたDVDをTVに映して見ることが出来るので・・・と思ったら、買ったDVカメラの付属品に、同じケーブルが付いてた!
長さが短いけど、とりあえずこれで凌げそう。
良かった良かった♪(^_^)
IEEE1394ケーブル
なんだソリャ?
というのが、最初の印象。
先日届いたGR-DF590の初期付属品の中にUSBケーブルがあったので、何も知らない、知らなさ過ぎな私は、これでPCに映像が取り込めるるものと思っていたのですが、なんか違うみたいで、IEEE1394ケーブル、通称DVケーブルというものを別途購入しないと、PCには取り込めないようです。
Victorの公式サイト、ちょっとばかし不親切じゃなかと?!
と、文句を言いたいのは山々ですが、ひょっとするとDVカメラって、全部が全部そうなのかもしれない、至極当たり前のことなのかもしれないので、とりあえずノンクレームということで・・・。(苦笑)
けど、まったく知識の無い人から見れば、USBケーブルが付属してるからそれを使って取り込めると思う人も、少なからずいるハズ。
天下のVictorさんには、もう少し親切丁寧なコンテンツ作りをお願いしたいものです。

えーと、それで、早速IEEE1394ケーブルを買うのに電気屋に行ったんですけど、お値段が4000円近くするものだったので断念し、ネットショップで500円くらいのものを購入。
キャプチャボードとの相性もとりあえず問題がなかったようで、フツーに使えているみたいッス。

ってゆーか、走査線っちゅーヤツかな?キャプチャした映像に縞模様みたいなのが目立つんですよね。
コレってDVの映像だからなのか?それともキャプチャの設定が悪いのかな?
使ってるキャプチャソフトがムービーメーカーだからなのかなぁ?
ビックリマーク連発ですけど、DVカメラの扱い等、奥が深く勉強が必要なようです。


プロフィール

BARON

  • Author:BARON
  • ブログってなんだぁ~?そんなモノ知らずなおやぢですハイ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。